2020年3月13日。

僕達は、マレーシアG1(ITFジュニア )の会場で、今、世界中で開催されているITF大会、ATP、WTA大会全てがストップした事を告げられました。

そして、今日現在まで、世界中のトーナメントは凍結したままです。

 あの日。

チームは、マレーシアG1大会と、翌週に控えたマレーシアG3大会への移動と2つに分かれて動いていた真っ最中でした。

マレーシア国内で、緊急事態宣言が発令されるらしいとの情報も届き、残席僅かなフライト情報をかき集め、選手たちのフライトスケジュールを2日間に分け、最後のメンバーを日本便に乗せた時には、安堵よりも、世界中が、これからとんでもない事になってしまう恐ろしさのようなものを重く感じたのでした。

  

2020年6月5日。

僕の中では、この日を、再スタートの日と決めて来ました。

ATP、WTA、ITFのツアー再開は、最短で8月の予定ですが、もちろんそれはまだ確定ではありません。

しかし、9月のUSオープン、その後にスケジュール変更をした全仏オープンは、開催に向けて全力で準備へのステップを踏んでいると聞いています。 

ヨーロッパは、すでにサッカーが復活しています。

アジアでは野球もスタートし、7月にはNBAも戻って来ます。

 スポーツは、これからの数か月で、日本も、アジアもアメリカもヨーロッパも、全ての国の政府が、様々な判断を下し、その基準の中で、このパンデミックから新しい歴史を刻み出すのだと思います。

 僕達の今後の遠征も、国際基準に合わせ、新しいスタイルへ形を変えていく事でしょう。

それは、ツアー再開に向け、様々な準備が必要になる事を意味しています。

TeamMacy20年の活動の中で積み上げてきた、各国との関係や、各国のコーチやスタッフとの友情を生かし、新しく生まれ変わる国際大会へのトライ、進路へのサポートを新しいスタイルへと構築していく事が我々に求められる役割であると思っています。

 まだ、超えなければいけない事が待ち構えているのは分かっていますが、Ride on timeは、もうすぐそこに来ている事を信じたいと思っています。

 ※国際大会の再開や参加について、積極論、慎重論いろいろあっていいと思っています。 今日現在の僕の気持ちを書きましたが、来週には、また全然違う考え、気持ちになっているかもしれません。 情勢は刻々と変わる中での、今の気持ちである事を皆さんに理解して頂けたらと思います。

―――今週の遠征―――

8月から再開予定ですが、現在のところ、ITFの決定を待っているところです。

―――来週の遠征―――

<8月~の遠征 メンバー募集しています>

HP「お知らせ」をチェックお願いします。

http://itfmasea.com/info/

お問い合わせは、下記メールでお願いします。

tour@mail.team-macy.jp

※Facebookでも遠征の様子をお伝えしています。

FB; https://www.facebook.com/teammacytennis

お問い合わせは、下記メールでお願いします。

tour@mail.team-macy.jp