ITFジュニア 中国南京 G1遠征最終日。

s-IMG_3040

ITFジュニア 南京G1

Day 4

 

 

ダブルスSF

相手のLoが良かったのと、ジェームズのペアのBangが、シングルスの疲れなのか少しミスが出た感じです。

彼らのレベルであっても、一度この流れにはまり込むと、流れに飲み込まれてしまうのがゲームの怖さであります。

 

突き詰めて考えていくと、まずはサーブとリターンのクオリティとパーセンテージで勝負が分かれていく点に行き着いてしまいます。

 

今回の中国南京G1大会、ジェームズはシングルス16、ダブルス4だったので、ポイント的にはダブルス分が上乗せになります。

128位で入り、120前後と少し上がる予想です。

 

負けた試合後ジェームズ、サーブ練習とトレーニングでした。

この後も、全日本ジュニア、その後も遠征と足を止めているヒマはありません。

次の全豪オープンまで、もう一つジャンプしなければいけないですね。

 

ここの壁は、トップグループに食い込むために誰もがジャンプしなければいけない壁です。

僕は、ジェームズは「行く」と感じています。

 

 

全日程が終了すると、帰国便等の移動の準備確認、チェックアウト関係が裏方的にドバーっと始まります。

 

が!

しかしです。

エアライン、旅行会社のサイトが開きません。

 

30分経っても、1時間経過しても予約に進みません。

全くダメです。

その便を逃すと、エア代が片道10万円を超えてきます。

 

最後の手段です。

インハイ中の我妻先生に連絡して取ってもらいました。

5分で決済完了です。

 

さすが日本ですね。

いや、さすが中国なのかもしれません。

 

 

 

<ダブルスSF>

Jeams/Bang(TPE)[6]      26.26     Lo/Hsu(TPE)[2]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次