ヨーロッパテニス着々です。

全仏OPのチケット販売について、以下の内容でオフィシャルサイトから発表が出ています。

 ①7/9からヨーロッパテニスの会員、7/16から一般の販売を開始する。

②観客は、男子、女子、ジュニア、車いすのイベント見る事が出来る。

③状況が改善されていけば、9月の初め、さらに追加のチケットを販売する可能性がある。

④収容人数は、通常の50~60%。

⑤全仏OPの衛生対策は、フランス政府スポーツ省と協力して作っている。  

この数日、日本国内では感染者数が増え、先行きの不安さを感じなくもない状況ですが、全仏やるようです。

外国のコーチ仲間に、聞いてみても、全員が「やる!」と言っていました。

そしてどうやら、8月からジュニアのITFヨーロッパ大会が戻って来るようです。
 

<現状の情報から今後の見通し>(また来週には変わってしまうかもしれませんが)

〇全仏は観客を入れて開催。そして、ITF大会の再開は、ヨーロッパ中心に進んで行くだろう。

〇上記の場合、ポイントがどうなるか?ジュニアのスケジュールがまだ出ていないが、ヨーロッパに行くか行かないかの方針を考えておく事が必要。

〇来年、アメリカへの大学進学を考えているジュニアは、出ていく事を考えるのがいいのでは。 

この辺をベースに、僕もチームの遠征スケジュールを考えてみたいと思っています。 

ー――今週の遠征―――

―――来週の遠征―――

<8月~の遠征 メンバー募集しています>

HP「お知らせ」をチェックお願いします。

お問い合わせは、下記メールでお願いします。

tour@mail.team-macy.jp

※Facebookでも遠征の様子をお伝えしています。

FB; https://www.facebook.com/teammacytennis

お問い合わせは、下記メールでお願いします。

tour@mail.team-macy.jp

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次